me-hana* 羊毛と時々フレブル

羊毛と小さなエキストラさんで作る【人生針山】と時々はなとの思い出

♪夏の終わりに思い出すぅ~

夏も終わりに近づく頃、何となく思い出すエピソードがあります。

…それは長男がまだ小さく幼稚園の年少さんだった頃…
幼稚園に提出した夏休み日記にも記されていました(笑)
それはこんなお話です…

夏のまだ暑い盛りにタオルケットを頭から被った4歳だった長男が
「ぼく、さむいのぉ~、さむいのぉ~」とずっと言い続けていました。
「え!?お熱でたの?」と聞きながらおでこを触っても熱くない。

「どうしたの?」と心配しながら確認すると
「ぼく、寒いから白シチューが食べたいの!!」と言われました。
(※白シチューというのは子どもが小さい時ホワイトシチューと言えず
我が家の子どもは白シチューと言っていた。)

そうです、白シチュー大好物の長男。
ちょっと前に父さんに
「ぼく、白シチュー食べたいの!」と言ったら
「夏だからカレーでしょ。白シチューは寒い日にね」と言われていたのでした。

4歳児なりに無い知恵をしぼって、色々考えて作戦を練って
寒い演技までやったのにはとても驚愕した覚えがあります。


今はもう、そんなカワイイ行動は皆無ですがね…


ランキングに参加しています ↓ クリックで応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 へ
にほんブログ村
[ 2010/08/24 20:27 ] 日常のこと | TB(0) | CM(2)
No title
ご長男のエピソード、すっごく可愛いですね。
子育てにまつわる一つ一つの思い出は、親に取っても、
子供に取っても大切な宝物です。 me-hanaさんの
ご家族の皆さんに取って、貴女が生み出す作品や
動画(?)はかけがえのない財産ですね!
[ 2010/08/24 22:58 ] [ 編集 ]
No title
私が子育て日記を取り出したら
子ども達も漫画を読むようにゲラゲラ笑いながら
過去を振り返っていました(笑)
[ 2010/08/25 16:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する