me-hana* 羊毛と時々フレブル

羊毛と小さなエキストラさんで作る【人生針山】と時々はなとの思い出

まだ今年もフィラリア陽性…

はなちゃんが我が家にやってきてから丸3年が経ちました。
退院した時期に合わせて毎年この時期に混合ワクチンを打つのと
フィラリアのお薬をもらいにいきます。

案の定また病院方向に行こうとすると立ち止まって動かない。
なので、毎度の抱っこで動物病院へ。

緊張して待合室でもずーとガタガタ、ブルブルと震えていました。
病院=怖いところのトラウマが抜けないんだろうなぁ。。。

「はなちゃん!」と呼ばれて診察室へ。
今日の担当は、はなの子宮蓄膿症の手術をしてくださった先生。
体重測定→11.06kg。「ふえたねぇ」と言われた。
3年前は9kgでアバラも見えていたからねぇ。
でも、これ以上増えると抱っこが辛くなるので11kg前後でキープしてもらおう。
その間も診察台の上だから、ずーっと緊張してガタガタ、ブルブル震え続けて
血液検査の血を抜かれる時や注射の時も暴れずにじっとしているけど
震えは変わらない。
緊張しすぎてハッハッに変わってしまった。人間の過呼吸に近いのかな。

待合室でしばらくまっている間もずーっとハッハッ。
何度も「お母さん、まだ終わりじゃないの?」と私の顔を見上げる。
ずーっと大丈夫、もうお薬もらって終わりだよ、と声を掛け続けなでていても
緊張したままでした。
毎年病院に連れてくるのがはなの為だけど、反対に緊張させてしまって
申し訳ない気持ちになってしまう。

もう一度呼ばれて診察室へ。
「もう、今年は大丈夫かなと思ったんだけど、まだ成虫いました。」
…なんとなく予想はしていたけど、ちょっとザンネン。
また今年も頑張って1日おきのお薬を期間中続けます。

黒い毛が多いはなちゃんは夏場は蚊が寄って来やすい。
うちに来る前は狂犬病、混合ワクチン共に打ってもらっていなかったみたいだし
フィラリア対策なんてこともしてもらっていなかった様です。

フィラリアになってしまうと成虫がいなくなるまで5年前後かかるとききました。
血管の中を今もフィラリアの成虫が生きて動いてるのかと思うと不憫になります。
来年こそは、成虫いなくなっていますように。

病院で緊張しまくったはなちゃんは家に帰るとぐったり。

お気に入りのブルリンを枕にして
ごろんとしていました。
ちなみに、カゴの様なバスマットの様なものは、夏ベットが
背中ゴロゴロのはなちゃんによって、バリバリと破壊されたものです(笑)
毎年、夏に買い換えます…


ランキングに参加しています ↓ クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 へ
にほんブログ村
[ 2010/06/16 18:01 ] フレブル | TB(0) | CM(2)
No title
  わかります、同じです。我が家のわんこは病院
の前に来ると腰を抜かします。怖がってブルブルと
震えます。病院好きのわんこって聞いた事ありませ
んよね。 しかし・・高い、毎年夏が来るとこっち
のおさいふがブルブルと震えだします(笑)
[ 2010/06/16 22:10 ] [ 編集 ]
No title
確かに、フィラリア予防のお薬は安いものじゃないですよねー
病院が恐怖なんでしょうね、ブルブル震えて緊張しちゃうのが
見ていて「ごめんよー」って気持ちになります。
犬の為の病院なんですけどね…
[ 2010/06/21 11:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する