me-hana* 羊毛と時々フレブル

羊毛と小さなエキストラさんで作る【人生針山】と時々はなとの思い出

知っておくことは大切

被災地の亡くなられた方の数がどんどん増えていきます…
心よりご冥福をお祈りいたします。
被災された方々ご家族、お見舞い申し上げます。

亡くなられた方への痛いほどの悲しみや
連絡の取れない方への不安や心配もある中で
まだまだ続く余震と不安と恐怖と…

どうか、一人でも多くの命が救われますように。



普通の募金のほか、色々なポイントカードのポイントや
ネット通販のポイントを募金できるようにもなっているようです。
簡単に出来るようなので、少しでも集まれば大きな力になる!
参考までに…
・YAHOO

・Tポイント
他にも調べたらあると思います。



ガス会社に勤める弟にやっと連絡がついたら
声が変わるほど、疲労困憊していました。
仕事だから当たり前なんですが、地震後から担当地区のあちこちで
ずっと対処に追われていたそうです。
会社の半分ほどの方は1週間から10日交代で被災地に応援作業で向うらしく
弟も「順番でそのうち行くよ」と言っていました。

東京や横浜でもガスの対処があるので、
「とにかく、人が足りない」といっていました。
きっと、電気も水道も同じように対処に追われて
「人が足りない」状態なんでしょうね…
救助にあたっている方々も頭がさがります。


地震後のガスの復旧方法やガス漏れの対処も各地域の
ガス会社のHPに掲載されています。
震度5程でガスメーターは自動でガスを止めるそうで
自宅のメーターで止まって居る時は、自分で復旧ボタンを押し
3分ほど待つことでガスが出るようになります。
(大元で止まっておる場合は待つしかないですが)
参考までに東京ガスホームページ
私の稚拙な考えかも知れませんが
各自で出来ることをやったり、近所で力を合わせたり協力することで
緊急を要するところに専門の方が向うことができると思うのです。
なので、普段は使わないでもいざと言う時に必要な知識を
頭の片隅に留めておくのは無駄ではないと思います。。。


緊急事態用にお財布の中にメモや携帯に番号登録で
ライフラインの緊急連絡先の記録もお勧めします。
各携帯電話会社の緊急災害伝言板の使い方も確認したり
実際練習したり、いざというときの集合場所も決めておくのは
とても大切なことだと思います。


当たり前の平凡な毎日が、本当はとても贅沢でありがたいことなんだと
命あることが本当に幸せなんだと感謝しながら、今います。

[ 2011/03/13 20:22 ] 日常のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する