me-hana* 羊毛と時々フレブル

羊毛と小さなエキストラさんで作る【人生針山】と時々はなとの思い出

「スイスチャード」 って知ってますか?

私の場合、コレは名前よりも現物を手に入れていて後から名前を知りました。

きっと、多分、売り場に表示されていたであろうとは思うのですが
「おお~!コレ買おう!」と買って家に持ち帰って娘に持ってもらって
写真撮るまではしたんですけどね。
名前…なんだろう…と思いながら放置して数ヶ月。
(写真撮ったのが昨年の11月22日)

色々とネットで検索していたら
スイスチャード
って出てきた!なんてオシャレな名前なのぉ。
物は…コレ!

はい、野菜なんですよ。葉物の。
でも、よ~く見てください。

ほら、こんなにキレイな茎なんです!新種らしいです。
生でも食べられるらしいのですが、さっと湯がいてマヨネーズつけて食べても
油で炒めても、シャキシャキで
茎の歯ごたえはセロリのようでした。
でも、味はクセが全くなくて、う~ん、しいて言えば小松菜に近かったかな。

たまに行く大きな直売所「ハマッ子」は結構珍しい野菜も並ぶんです。
「空芯菜」とかバナナの様な黄色と形の「バナナピーマン」とか
カリフラワーの仲間の「ロマネスコ」や塩の結晶がついている「ソルトリーフ(アイスプラント)」も
ここでその存在を知り、味も知りました。

野菜も日々進化しているんですね~
「スイスチャード」は彩り、味、歯ごたえの全てでお勧めの野菜ですよ!

ランキングに参加しています ↓ クリックで応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 へ
にほんブログ村
[ 2011/02/15 18:25 ] 日常のこと | TB(0) | CM(2)
No title
これすごくルバーブに似てますね。
でもルバーブの葉は毒なんです。
そこが違いますね。スイスチャード
響きがいいですね。
[ 2011/02/16 07:00 ] [ 編集 ]
No title
調べたらルバーブには蓚酸が含まれているんですね。
スイスチャードはフダンソウとも言うらしいです。
どちらも茎が鮮やかですね。
[ 2011/02/16 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する